cachito furnitureは神戸の家具屋です

電話発信ボタン
神戸の家具屋「cachito furniture」のfacebookページ 神戸の家具屋「cachito furniture」のInstagram 神戸の家具屋「cachito furniture」の来店予約

COLUMN

オイル塗装とウレタン塗装はどう選ぶ?

オイル塗装とウレタン塗装。どちらを選ぶのが良いかはクライアントのライフスタイルや考え方、そして家具の種類によって変わります。

オイル塗装とウレタン塗装

オイル塗装について

オイル塗装は、天然の植物性オイルを主原料とした塗料で、木の内部までオイルをしみこませ保護する方法です。

木の木目や質感をより感じられるオイル塗装。ご家庭で1年に1~2度オイルの塗り直しをしながら、味をだしていく塗装です。少し手間はかかるけど、手をかけてあげることで、なんともいえない愛着のある家具に育っていきます。オイル塗装の家具はキレイキレイに使うというよりも、くたくたに使い込むことでかっこよく育てるのが何よりの楽しみ方です。

しかし、オイル塗装の家具は温度変化や湿度変化で、ウレタン塗装に比べ反り・割れがでやすいです。そして、家具の種類によっては、オイルの塗り直しをしないとボロボロになってしまいます。また、塗れたコップや缶を置いたままだと輪染みができてしまいます。というようなデメリットがあります。

お手入れが大好きな人や、木の質感が好き、自分色に染めていきたい。多少のシミができても大丈夫。そんな人にはオイル塗装がオススメです。

ウレタン塗装について

ウレタン塗装は、プラスチックの薄い塗膜で表面の木部を覆って保護する方法です。木材の反り・割れも少なくなる、強固な塗装です。

ウレタン塗装は汚れにくく、ご家庭でのメンテナンスは必要ありません。というよりも、できませんが、20年、30年後に塗膜が劣化してきた際に、工房での磨きなおし・再塗装でキレイになります。
昔のウレタン塗装は、テカテカで分厚い塗り方でしたが、現在は、塗料や塗装方法の改良で、昔と比べしっとりとした質感のウレタン塗装が可能です。ぱっと見ではオイル塗装とほとんど違いがわかりません。また、ウレタン塗装も、オイル塗装よりゆっくりですが、木の経年変化はしっかりと感じられるため、ゆっくり、ゆっくりと家具が育つのを楽しむのも魅力的です。

汚れにくいほうがいい、手入れはあまりしたくない、できるだけキレイに使いたい。そんな人にはウレタン塗装がオススメです。ウレタン塗装でもしっかりと愛着のある家具に育っていきます。